• トップ /
  • 歯科で抜歯後、家で注意すること

抜糸後のケアのポイント

歯科で抜歯後、家で注意すること

歯科で親知らずを抜いた後のケア

親知らずのトラブルで悩まされる方は多いようですね。いつのまにやら生えていて、「たまたま歯科にかかったとき、指摘されて生えていることに気づいた」というだけならいいのですが、「横の歯の下から出てこようとしてきて、痛む」、「磨きにくくて虫歯になった」など、親知らずには、人それぞれいろんなケースがあるのがポイントです。できることなら抜きたくない、というのが人情ですが、どちらにしても歯科では親知らずを抜くように勧める場合が多いようです。親知らずを抜くのも、人によって「すぐとれて簡単だった」、「生え方が複雑で抜くのが大変だった」などさまざまでしょう。たいていの場合、歯を抜くことはそのときだけのことです。しかし大事なポイントは、その後の歯磨きの仕方だったりします。奥歯はただでさえ磨きにくいものですが、抜いた部分はさらに奥まったところまで隙間になってしまい、より磨きにくくなったてしまったりするからです。となりの健康な歯まで虫歯になってしまったり、そこの歯肉が歯槽膿漏になってしまっては元も子もありません。そんな奥歯の磨き方のポイントとしては歯ブラシの先端を使い、奥まって手前の歯の陰になっている部分まで、よく磨くことです。定期的に歯科にかかり、チェックしてもらうとより良いですね。

バックナンバー

歯科の必須情報

↑PAGE TOP