• トップ /
  • 歯科で親知らずを抜く場合

親知らずにおける特徴

歯科で親知らずを抜く場合

親知らずが痛むなら歯科へ

一番奥に生えている親知らずがずきずきと痛み出した場合は早めに歯科を受診するのがおすすめです。普段の歯磨きが不十分で虫歯になったり、特徴的な生え方をして歯茎を傷つけている場合があり、悪化すると周りの歯に悪影響を及ぼす恐れがあるため要注意です。親知らずを歯科で抜く場合には、自分の親知らずの特徴を十分把握してから治療を行うことが重要です。例えばまっすぐ生えている場合は比較的簡単に抜きやすいため、日帰りで抜歯するケースが多々あります。一方斜めに生えていたり、歯茎の中で炎症を起こしているような特徴的な親知らずの場合は入院措置が必要になるケースもあるため、一般歯科から総合病院に紹介状を書いてもらい転院する可能性も出てきます。抜歯は大量に出血し、体への負担も少なからずあるため安心して治療が受けられる歯科を探すことが重要です。そのためにも普段のかかりつけ医がいればそちらにまず相談し、いないのであれば口コミで評判の良い医師がいる歯科を探すと良いでしょう。抜歯をする時と、その後状態が落ち着くまでは少々つらい時期を乗り切らなければなりませんが、それが終われば非常に快適な生活が待ち受けているため、親知らずで悩んでいる人はまず受診して状態を確認してもらいましょう。

バックナンバー

歯科の必須情報

↑PAGE TOP